ビジュアルメイクの基礎固め

【ナチュラルなビジュアルメイク】

ビジュアルメイクをしている芸能人やアーティストにあこがれてビジュアルメイクをしてみたけどなかなかうまくいかなかったという経験を持っている人もいるのではないでしょうか。

bisualtop

ビジュアル系と化粧について[http://nepalfestival.org/]の関係は奥が深いですし、ビジュアルメイクは知らないと

ちょっと難しいと思います。

そんな人のために、初心者でも簡単にできるビジュアルメイクの紹介をしていきます。現在の日本では女性のナチュラルメイクがはやっていますが、

今回もそれに便乗してビジュアルメイクのなかの、ナチュラルメイクに挑戦していきます。今回紹介するナチュラル風なビジュアルメイクは、カラーコンタクトも使わずかわいらしいメイクですので、一般の方でも持っている道具でメイクを行うことができるので、税費初心者の方にもチャレンジしていただきたいです。

 

【用意するものと手順について】

ナチュラルなビジュアルメイクに必要なものは、メイクにとって基礎的なものだけでかまいません。

リキッドファンデの二種や下地のできるもの、スティックファンデ、パウダーファンデ、アイブロウ、ピューラーやマスカラなど、化粧品が売っているお店ならばどこでも売っているようなものだけでかまいませんし、いざとなったら化粧が得意なお友達に借りてもかまいません。

基本的に一般的なファンデーションでもいいのですが、アイシャドウはアクセントをつけるという意味でも、暗めの色のものを使用してください。

基本的には寒色を選択することをオススメします。また、和風のファッションをするときには、反対に明るい色の赤や黄色などが映えてきますので、明るい色を選択することをオススメします。

ナチュラルなビジュアルメイクの手順の第一歩目としては、まずファンデーションで下地を作っていくことから始まっていきます。下地のためにファンデーションを塗ったら、リキッドを使用し、くまなく使用し終わったら、最後にパウダーで抑えていきます。化粧をナチュラル以上の厚塗りにしたくないという場合には、パウダーファンデーションの代わりにプレストパウダーという種類のものを使用してください。こうすることによって厚塗りの予防になることができます。

第二の段階としては、アイブロウで眉毛をかいていきます。ブラウン色のアイブロウを選択し、眼の全体を埋めるようにして塗っていきます。次にアイラインを引いてその上にさらに濃い色のアイシャドウをぼかすように乗せていけば大丈夫です。

その次には、

アクセントとして、緑や青などのパンチが効いた色のアイシャドウを目じりから目頭にかけて塗っていきます。

目頭にはくの字を書くようにしてハイライトのアイシャドウを入れていくことが大事になります。

くの字ということが一番大事になってくるので注意してください。

アイシャドウが上手に問題なくいったら、ピューラーでまつげを上げましょう。

そしてつけまつげを装着します。それらが乾いてきたら、

その上にマスカラを塗り、自分のまつげとつけまつげを密着させていきます。最後にリップグラスを塗り完成になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>